• 渡邊 優

あることをきっかけに、鮮明に幼少期の頃を思い出しました。

その映像は鮮明で、私が幼稚園児の頃の食卓での出来事です。


原因は全く覚えていないのですが、泣きながら食事をしている光景でした。

当時、この泣きながら食事をするのは特に珍しくもなく、カミナリのような性格の父親の家では突発的に始まる「父親がキレる」という状態に対して、ビクビク、オドオドした幼少期を送っていたのです。その時の、そのままの光景を思い出したのです。


当時の、幼少期の私はすごく怯え、怖がっていました。

父親が帰ってくるだけで怯えていたのを覚えています。そんな子供を見て、また可愛くないと言い父親が怒鳴るという悪循環でもあったのです。


昨日からこのインナーチャイルドの側にいますが、当時の私はうつむいたまま、まだ会話ができていません。今日は、このインナーチャイルドといる時間を多く取ろうと思います。


そして、このような幼少期の辛い出来事は、恐らく誰にでもあるものだと思います。

そのような出来事をきっかけに、何か心に傷を負ったということも少なくないかもしれません。

そんな時は、過去の終わったことと片付けずに(終わっていないのだから)当時の自分に会いに行って、「辛かったね」「怖かったね」「よくがんばったね」と、一言いってあげるのもいいかと思います。


そんな風にして、過去の自分をも全て受け止めていく。

これが、本当の「私」がしたかっとことであり、そこからが、過去に囚われない本当の「私」の人生の始まりかもしれません。




最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価