• 渡邊 優

あることをきっかけに、鮮明に幼少期の頃を思い出しました。

その映像は鮮明で、私が幼稚園児の頃の食卓での出来事です。


原因は全く覚えていないのですが、泣きながら食事をしている光景でした。

当時、この泣きながら食事をするのは特に珍しくもなく、カミナリのような性格の父親の家では突発的に始まる「父親がキレる」という状態に対して、ビクビク、オドオドした幼少期を送っていたのです。その時の、そのままの光景を思い出したのです。


当時の、幼少期の私はすごく怯え、怖がっていました。

父親が帰ってくるだけで怯えていたのを覚えています。そんな子供を見て、また可愛くないと言い父親が怒鳴るという悪循環でもあったのです。


昨日からこのインナーチャイルドの側にいますが、当時の私はうつむいたまま、まだ会話ができていません。今日は、このインナーチャイルドといる時間を多く取ろうと思います。


そして、このような幼少期の辛い出来事は、恐らく誰にでもあるものだと思います。

そのような出来事をきっかけに、何か心に傷を負ったということも少なくないかもしれません。

そんな時は、過去の終わったことと片付けずに(終わっていないのだから)当時の自分に会いに行って、「辛かったね」「怖かったね」「よくがんばったね」と、一言いってあげるのもいいかと思います。


そんな風にして、過去の自分をも全て受け止めていく。

これが、本当の「私」がしたかっとことであり、そこからが、過去に囚われない本当の「私」の人生の始まりかもしれません。




最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声