• 渡邊 優

あることをきっかけに、鮮明に幼少期の頃を思い出しました。

その映像は鮮明で、私が幼稚園児の頃の食卓での出来事です。


原因は全く覚えていないのですが、泣きながら食事をしている光景でした。

当時、この泣きながら食事をするのは特に珍しくもなく、カミナリのような性格の父親の家では突発的に始まる「父親がキレる」という状態に対して、ビクビク、オドオドした幼少期を送っていたのです。その時の、そのままの光景を思い出したのです。


当時の、幼少期の私はすごく怯え、怖がっていました。

父親が帰ってくるだけで怯えていたのを覚えています。そんな子供を見て、また可愛くないと言い父親が怒鳴るという悪循環でもあったのです。


昨日からこのインナーチャイルドの側にいますが、当時の私はうつむいたまま、まだ会話ができていません。今日は、このインナーチャイルドといる時間を多く取ろうと思います。


そして、このような幼少期の辛い出来事は、恐らく誰にでもあるものだと思います。

そのような出来事をきっかけに、何か心に傷を負ったということも少なくないかもしれません。

そんな時は、過去の終わったことと片付けずに(終わっていないのだから)当時の自分に会いに行って、「辛かったね」「怖かったね」「よくがんばったね」と、一言いってあげるのもいいかと思います。


そんな風にして、過去の自分をも全て受け止めていく。

これが、本当の「私」がしたかっとことであり、そこからが、過去に囚われない本当の「私」の人生の始まりかもしれません。




最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的