• 渡邊 優

ケン・ウィルバー著、インテグラル理論を読みました。

まず、ケン・ウィルバーの知性に圧倒されました。

この本は論理的で非常に難しかったので、自身の理解と整理の為にも、ここに記しておきます。

特に印象に残った部分については、「スパイラルダイナミクス」という螺旋状の意識の各段階を、色彩(ミームと)で表現しており、

第1層:ベージュ→パープル→レッド→ブルー→オレンジ→グリーン

第2層:イエロー→ターコイズ


特に著者が注意を促しているのがグリーンのミームで、グリーンはグリーン以前の段階の批判者であっただけでなく、グリーン以後の全ての段階に対しても批判の矛先を向け、「お前はお前、俺は俺なのだと」主観主義の見方を強く持ち、ナルシズムに陥りやすいと警笛をならしています。


私はここまで読んで、自身にも心当たりがあり胸が少し痛くなりました。

しかしこれは、次の段階に飛躍するための必要な過程なのだとも思います。


また発達過程を入れ子状と表現し、それはちょうど、原子、分子、有機体といったように、後に現れる段階が、先行する段階を自らの中に組み込みながらも、同時に、そこに何らかの新たな能力を付け加え、それまでの段階を超えて含むと説明しています。

具体的に発達とは、「自己中心性の減少である」と説明し、それは自己愛の減少と意識の拡大という2つの内面的出来事が起こり、それまで意識されなかった様々な人、様々な物事を考慮に入れて、それらを気遣えるようになり、更なる寛容さをもって全てを抱擁できるようになると説明しています。


今人類は人類史始まって以来の高いミームまできており、それゆえに責任があると著者は言います。

内面の発達が外面の発達に追いつかなければならず、螺旋全体の健全さを維持し、向上させることだと。

そして、全ての人が、何らかの真実のかけらを持っているのだと。


私はこのような精神世界の大きな地図を読んで、自分が今いる場所と、まだ見ぬ先を理解するということは非常に大事なことのように思いました。

それは、人の持つ本質が、最終的に何を求め進むのか、それを指し示してくれているようにも思います。

途中難しいところがありながらも何とか読了でき、高いミームから説明して下さったことに感謝です。

ありがとうございました。






最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com