• 渡邊 優

ケン・ウィルバー著、インテグラル理論を読みました。

まず、ケン・ウィルバーの知性に圧倒されました。

この本は論理的で非常に難しかったので、自身の理解と整理の為にも、ここに記しておきます。

特に印象に残った部分については、「スパイラルダイナミクス」という螺旋状の意識の各段階を、色彩(ミームと)で表現しており、

第1層:ベージュ→パープル→レッド→ブルー→オレンジ→グリーン

第2層:イエロー→ターコイズ


特に著者が注意を促しているのがグリーンのミームで、グリーンはグリーン以前の段階の批判者であっただけでなく、グリーン以後の全ての段階に対しても批判の矛先を向け、「お前はお前、俺は俺なのだと」主観主義の見方を強く持ち、ナルシズムに陥りやすいと警笛をならしています。


私はここまで読んで、自身にも心当たりがあり胸が少し痛くなりました。

しかしこれは、次の段階に飛躍するための必要な過程なのだとも思います。


また発達過程を入れ子状と表現し、それはちょうど、原子、分子、有機体といったように、後に現れる段階が、先行する段階を自らの中に組み込みながらも、同時に、そこに何らかの新たな能力を付け加え、それまでの段階を超えて含むと説明しています。

具体的に発達とは、「自己中心性の減少である」と説明し、それは自己愛の減少と意識の拡大という2つの内面的出来事が起こり、それまで意識されなかった様々な人、様々な物事を考慮に入れて、それらを気遣えるようになり、更なる寛容さをもって全てを抱擁できるようになると説明しています。


今人類は人類史始まって以来の高いミームまできており、それゆえに責任があると著者は言います。

内面の発達が外面の発達に追いつかなければならず、螺旋全体の健全さを維持し、向上させることだと。

そして、全ての人が、何らかの真実のかけらを持っているのだと。


私はこのような精神世界の大きな地図を読んで、自分が今いる場所と、まだ見ぬ先を理解するということは非常に大事なことのように思いました。

それは、人の持つ本質が、最終的に何を求め進むのか、それを指し示してくれているようにも思います。

途中難しいところがありながらも何とか読了でき、高いミームから説明して下さったことに感謝です。

ありがとうございました。






最新記事

すべて表示

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的

夫婦喧嘩は犬も食わない

両親がめっちゃ夫婦喧嘩をしているんですね。 その模様が毎日LINEで父、母の両方から飛んできます。 その二人の内容は、お互い怒りに満ち満ちており、できる限り聞くようにしていますが、その度に私のパターンは騒ぐのです。 特に父に対しては「もっと母に優しくしてほしい」「もっと母を理解してほしい」このあたりが騒いでどうしても母親の肩を持ってしまう。 そうするとイラッとして、腹が立って、三行半をつけてしまう

待つということ

自分を待つ。 自分の成長を待ってあげる。この意味が当初理解できませんでした。 結果と成果が重視される社会にどっぷりと浸かっていた自分には、自分を待ってあげるということがどういうことか理解できなかったのです。 自分の成長、成果、結果をもっと早く手に入れたい。 そのあまりに慣れ親しんでいたパターンは、何事にも行動が必要で、努力があって、それに対する目に見える結果という対価が必要だと信じていたのです。