• 渡邊 優

昨日はバレエのレッスン日でした。

代行の先生が来て、あの苦手なゆっくりバージョンのレッスン。

ここでも少しムクムクと、いつも通りがいい!思い通りじゃなきゃ嫌だ、のパターンが沸々としましたが「黙りなさい」の親分の一言でそこは難なくクリアー。親分の影響力を改めて実感しました。


しかし・・・

レッスンでは動きがゆっくりだけあり、地味に体にくる。(終わってからガクガク)

ゆっくり体全体を動かし、綺麗な形にするのは本当に難しいのだと思いました。

そして、ここでのワークも同じように、ゆっくりと、気持ちをこめて、綺麗に、正しく。

そう、繋がっている。ゆっくりと正しく行うこと、これがこの世界では基本であり、そこを固めていかないと全体へと繋がらないし広がらない。


広がりがあり、美しく深い世界、この歳になって新たな世界を体験しているこの頃です。


さて、来週からはやっと冬らしく寒くなるようです。

例のウイルスもありますし、風邪などには十分お気をつけください。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で