top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日、ついにセミの鳴き声が聞こえました。ザ・夏 という気がしてきます。

私の住む神奈川県は、今年は残念ながらプール禁止、海水浴禁止、花火大会禁止、盆踊り大会禁止と、夏の風物詩がことごとく中止となりました。そんな中、子供達可哀想だな〜と思っていたのですが、なんてことはない、あっさりと中止を受け入れて、週末には元気に公園で、浜で水遊びに興じていました。さすが子供達!柔軟性ある!


この受け入れるという行為。外的要因だけでなく、自身のパターンから生まれる感情も、思いも、全て受け入れた上で楽しめたらいいなと思いました。


自身の持っているパターンを全て許して行こう。この夏のテーマにしていこうと思います。


今年はマスクの影響もあり、熱中症が例年の10倍に伸びてきているようです。

どうぞ体にはくれぐれも気をつけて、今年の夏を乗り切ってください。


ではでは。


最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page