top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分をごまかさない事。それは大切なことだと思います。

人って、中々自分に目を向けられません。以前の私もそうでした。寧ろ他人に対して、なんであの人はああなのか?なんでこの人はこうなのか?だからダメなんだ、と考えることの方が私も多かったです。お酒を飲んで他人の愚痴に花を咲かせたことも数知れずです。


なんであの人はああなのか?と考えている時は、他人を変えようとしているのだと思います。その人が心を入れ替えれば、自分に火の粉が飛んでこない、嫌なこともなくなる、もしくは自分の正しさの証明になるし認められるかもと、パターンは思っているのでしょう。しかし残念ながら、他人は変えられませんし、そのモヤモヤしたフェーズからも抜けられません。


しかしそうではなく、その時自分はどんな感情が湧いたのか、どう思ったのか、そのように自分に目を向ける事の方が実はとても大切なことです。

腹が立ったのか、ムカついたのか、不快だったのか、イライラしたのか、ストレスになったのか、わからせたかったのか、悲しかったのか、寂しかったのか、怖かったのか、不安だったのか、そんな自分の感情に目を向けて、その時の心を理解することの方が、他人を変えることよりも大事です。


なぜなら、それが自分への誠実さや正直さにつながり、本人の成長になるからです。

自分に目を向けて誤魔化さない(他人のせいにしない)その姿勢が大切です。

なぜなら大切な自分のことだから、だからちゃんと理解して受け止めていく。

これは本来当然のことで、当たり前のことなんじゃないかと最近思いました。


誤魔化さないで見ていこう。自分のことを。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page