• 渡邊 優

○自分が思う自分でなくていい

○他人が思う自分でなくていい


前回の勉強会で、道場仲間から教わった白パターンです。

私の場合は前者が、もう理想の自分じゃなくてもいいということ。そのままの自分でいいということです。後者は、もう他人の評価を気にしなくてもいいということ。

そのように定義づけて使っています。


私の黒パターンの言う理想の自分を求めると、今の自分に対して、こんな自分じゃダメだとジャッジしたり、責めたりしてダメ出しし、自分を嫌いになります。

そして後者の、他人の評価を気にすると、悪い評価にならぬよう、顔色を伺い、気持ちが縮こまって萎縮します。

どちらも自分に対して、こうでなければならいと決めつけて、ちょっとの乱れも許さない風紀委員のような存在です。

自分で自分にカタを嵌める、といったところでしょうか。


今日は仲間から教わった白パターンを使って、広がりと開放感を感じています。

私は自由でいい。そんな開放感を持って、今日を過ごしていこうと思います。


きっと人って、本来すごく自由な存在なのかもしれない。そんな風に考えました。


最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価