• 渡邊 優

全て思い通りじゃなきゃ嫌だ・・・

このパターンは私の根幹にあり、それこそ幼少の頃からずっーとありました。

幼少の頃のこのパターンは、自分の世界が思い通りにならないと、癇癪を起こして周りを困らせ、何としてでも自分の思い通りにしようと必死でした。


今でもその本質は変わらず、他人の言動も、思考も、想いも、また自分に起こる出来事も、自分自身でさえも、全て思い通りにしようとします。そして思い通りにならないと他人を責めるか、自分を責めます。


パターンからしたら、そんな思い通りならないということは、負けた気がするし、損をした気分にもなるし、下になった気がする。それには耐えられない。

そして、思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、ストレスや苦しさを感じ、やるせなさが残ります。だから、全て思い通りじゃなきゃパターンは嫌なんです。


しかし、その対となる新たな白パターンは。

もう思い通りにしなくてもいい。

もう思い通りじゃなくても自分は大丈夫。


こちらの世界を感じていると、何か大きな流れに身を任せ、今いる自分の流れを信頼していくという新たな在り方を感じます。勿論そこにあるのは抵抗感などではなく、安心感や信頼感といったものです。


今まではお金を使ったり、言葉や理屈であらゆることを思い通りにしようとしてきました。それは負けないように戦って勝ち取っていく。そういった感覚のものでした。それは利益であったり、立場や地位であったりしました。


しかし、もうそこではない世界を確かに感じられる。

この流れに身を任せていい。信じていい。信頼していい。

もう今の自分を信じていいというものです。


こちらの世界に踏み出していこうと思う。

最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同