• 渡邊 優

昨日古くからの友人が訪ねてきて、お父さんが亡くなったと報告がありました。

二人で話していたのは、そのお父さんの思い出と、自分たちももうそんな歳になったのだと改めて実感した内容でした。


時が経ち、時間も過ぎて、気がついたらいつの間にか自分達も両親を見送る立場となり、少しでも両親には軽い心を持っていってもらいたいと思いました。そこには両親を尊重するということが必要なのだと思います。しかし、自分を尊重できなければ他も尊重することはできない。これは真実だと思いました。自分を尊重しないということは、自己否定をすることでもあり、自己否定をしていたら他を尊重する余裕など生まれないからだと思います。


もっともっと頑張らないと、もっともっとと今の自分や現状に満足することなく、自分で自分のお尻を叩いて前へと進む。まさに自分に鞭を打つような生き方でした。


両親を尊重したい、それには、今の全ての自分のパターンを認めるところからしか始まらないと、改めて実感した出来事でした。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側