• 渡邊 優

昨日古くからの友人が訪ねてきて、お父さんが亡くなったと報告がありました。

二人で話していたのは、そのお父さんの思い出と、自分たちももうそんな歳になったのだと改めて実感した内容でした。


時が経ち、時間も過ぎて、気がついたらいつの間にか自分達も両親を見送る立場となり、少しでも両親には軽い心を持っていってもらいたいと思いました。そこには両親を尊重するということが必要なのだと思います。しかし、自分を尊重できなければ他も尊重することはできない。これは真実だと思いました。自分を尊重しないということは、自己否定をすることでもあり、自己否定をしていたら他を尊重する余裕など生まれないからだと思います。


もっともっと頑張らないと、もっともっとと今の自分や現状に満足することなく、自分で自分のお尻を叩いて前へと進む。まさに自分に鞭を打つような生き方でした。


両親を尊重したい、それには、今の全ての自分のパターンを認めるところからしか始まらないと、改めて実感した出来事でした。

最新記事

すべて表示

他人との比較

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。 そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。 今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと

節目

先日は成人式で、私の姪っ子もついに新成人となりました。 そのお祝いも兼ねて実家に行ってきました。孫の晴れ姿を見て、爺ちゃん婆ちゃんは感慨深かったらしく、その目には涙が浮かんでいました。小さい頃から見ている孫の姿に色々な思いがあったのでしょう。孫へと注がれる確かな愛情を感じました。いいもんだな〜、家族は。 そして両親の話を伺っていると、今年で結婚50年を迎えるとのこと。半世紀です・・・ ふたりの様々

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com