• 渡邊 優

もう自分を誤魔化せなくなっているのだな・・・そんな風に思いました。

昔は嫌なことがあればお酒を飲み、友人に愚痴をこぼし、夜の街へ繰り出し弾けて、その日にあった不快感や、辛さや、苦しさ、という自分の気持ちを誤魔化して、何とか乗り切っていました。

寧ろ、それ以外どう自分の気持ちを処理したらいいのか知らなかったのです。


しかしそれは根本的な解決などではなく、一時的に自分を誤魔化し、麻痺させて乗り切る。

そのようなことだったと思います。


しかし、今はもうそんな自分の気持ちを誤魔化すこといができなくなっています。

自分の中に残る不快感やシコリは「今すぐ」に何とかできなくても、大体近日中にパターンという自分の問題へと到達することができます。そして自分で何とかすることができるようになっています。


しかし、また昔と同じように自分を誤魔化そうとしても、それがもう出来ないのです。というよりも、誤魔化そうという意識が湧いてこない。この方が正確かもしれません。それほど、自分の中を無視できなくなっているのだと思います。


それは、自分が耐えられないからというよりも、パターン達が本当に辛く、苦しんでいるのが分かり、その声をもう無視できないのです。パターン達も声が届くまで叫び続けますしね。


そんこんなで今日も、パターン達と共に歩んでいこうと思います。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。