top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は親戚の家の庭で作っているぶどうができたとのことで、両親を連れてぶどう狩りに行ってきました。小学生の頃は毎年夏休みに1週間ほど行っていた親戚の家、そこは従兄弟の子供達で溢れ、ワイワイガヤガヤと毎日楽しかったのを覚えています。そう考えると、本当に色々な方に支えられて生きてきたのがわかります。


バーベキューに盆踊り、子供たちを楽しませるたまに色々してくれた親戚の人たち、久々に会うその方達は随分と歳を重ね、その顔の皺の一つ一つにいい年輪を感じました。子供たちは家を出て一人で暮らし、また結婚し、それぞれの人生を送っています。みんながそれぞれに自分の道を歩んでいるんです。そんなことをしみじみと感じ、そして昔話をしながら、久しぶりに大笑いした日でもありました。


最近は色々と自分の中で考えることも多く、そんなとき、幼き日々を思い出すことができた親戚に感謝です。こうやって私は育ち、支えられてきたんだと思うと、自分の中にはまだまだ沢山の資質をがあるのを感じられます。それはまずは自分のため、そして他のために使うものなのかもしれないです。




最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentarios


bottom of page