top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私の語りかけで出てくる「どうしていいか分からない、どう対処していいのか分からない」そのこと自体がパターンは怖いのだと思いました。それは未知の領域で、習っていなくて、経験もない、だからどうしていいか分からない時、戸惑い、怖くなり、不安になるんです。特に外側の出来事ではなく、自分の内側で起こった出来事に対しては顕著で、自分で自分に戸惑い、誰かに支えてもらいたくなる。そんな動揺が私にはあります。そしてそんな事態をパターンは回避したくなります。それが言い訳や口実となって自分を守り、また更に自分の課題から遠ざかる原因にもなります。


じゃあどうしたらいいのだろう・・・


勇気、しかないのだと思いました。それを克服するのは。

飛び込んで、体験して、パターンが騒いだらまたケアして、その繰り返しでしか強くはなれないのだと思います。だから、一にも二にも勇気、それが必要なのだと思う。


どうしていいか分からない時、一度立ち止まって一番何が怖いのかを改めて見てもいいのかもしれない。きっとそこに大きなパターンの思いが隠されているのだと思いました。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page