top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私の語りかけで出てくる「どうしていいか分からない、どう対処していいのか分からない」そのこと自体がパターンは怖いのだと思いました。それは未知の領域で、習っていなくて、経験もない、だからどうしていいか分からない時、戸惑い、怖くなり、不安になるんです。特に外側の出来事ではなく、自分の内側で起こった出来事に対しては顕著で、自分で自分に戸惑い、誰かに支えてもらいたくなる。そんな動揺が私にはあります。そしてそんな事態をパターンは回避したくなります。それが言い訳や口実となって自分を守り、また更に自分の課題から遠ざかる原因にもなります。


じゃあどうしたらいいのだろう・・・


勇気、しかないのだと思いました。それを克服するのは。

飛び込んで、体験して、パターンが騒いだらまたケアして、その繰り返しでしか強くはなれないのだと思います。だから、一にも二にも勇気、それが必要なのだと思う。


どうしていいか分からない時、一度立ち止まって一番何が怖いのかを改めて見てもいいのかもしれない。きっとそこに大きなパターンの思いが隠されているのだと思いました。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentarios


bottom of page