top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

この頃、この勉強をして来て本当に良かったとつくづく思う。

どんな状況であっても、穏やかな日常でいられるって本当に幸せなことだと思う。


まるで時代と逆行しているようで申し訳なくもあるんだけど、でも、これが正直な気持ち。

そして私の周りを見ていても、さほど恐れや不安を抱いているように見えないのも有難いところです。


そしてコロナウイルスよりも、人間の方が暴走しているように見える時もある。

ここぞとばかりに値段を釣り上げて販売するマスク。完全なる銭ゲバだ。

恐れと不安に基づく、なんだかよくわからない右へならえが闊歩している状況。


もちろん、必要なソーシャルディスタンスは守るし、マナーも当然守る。

でも、健康で元気な体であるなら、それに感謝して普通に生きていけばいい。


それでいいと思うんだよな〜



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


bottom of page