• 渡邊 優

昨日は魂の道場、茅ヶ崎グループのセミナーでした。


それぞれが自身の課題に真剣に取り組んでいるという、内なる熱さを感じました。

特に皆さんの取り組む姿勢は、波となって私に届き、時にパターンが騒ぎ、そしてまたやる気にさせるという循環が生まれます。


この道場での人間関係では、一般的には、ネガティブで敬遠されるような内容でも、開示するということで新たな気づきを与えたり、与えられたりします。

共通言語で語らい、通じ合える仲間は、依存や執着などとは程遠く、互いの個性を理解し、認めるという新たな関係性を学ばせて貰えます。


そこに行きつく過程では、パターンとしてムカついたり、嫌われたり、嫌ったり、その全てが自身の魂の学びとなっていると思うと、この不思議な巡り合わせに感謝です。


今回もありがとうございました。


よい週末をお過ごし下さい。



最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同