top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日は魂の道場、茅ヶ崎グループのセミナーでした。


それぞれが自身の課題に真剣に取り組んでいるという、内なる熱さを感じました。

特に皆さんの取り組む姿勢は、波となって私に届き、時にパターンが騒ぎ、そしてまたやる気にさせるという循環が生まれます。


この道場での人間関係では、一般的には、ネガティブで敬遠されるような内容でも、開示するということで新たな気づきを与えたり、与えられたりします。

共通言語で語らい、通じ合える仲間は、依存や執着などとは程遠く、互いの個性を理解し、認めるという新たな関係性を学ばせて貰えます。


そこに行きつく過程では、パターンとしてムカついたり、嫌われたり、嫌ったり、その全てが自身の魂の学びとなっていると思うと、この不思議な巡り合わせに感謝です。


今回もありがとうございました。


よい週末をお過ごし下さい。



最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page