• 渡邊 優

先日のセミナーで、それぞれの現実という話を伺いました。

今回のコロナウイルスにおいて、それぞれがそれぞれの現実を見ているというものです。


例えば、コロナウイルスは危険、死に値する、というコロナウイルスに感染することに恐怖を覚える現実。

またご商売をしている方などは、経済的な危機、会社の存続、ウイルスから派生する問題の方が遥かに大きく致命的だと捉え、それらに恐怖や不安を覚える現実。

これはどちらが正しく、どちらが間違っているという問題ではないというものです。

どちらにもそれぞれの現実がある。というだけのことです。


ちなみに私は後者の方で、日本は経済的な危機を迎え、鬼が出るぞ!蛇がでるぞ!と、パターンが大騒ぎした経緯があり、今回のそれぞの現実という話を聞いて「ハッ」と目が覚めるような感覚を覚えたのです。


私も含め、人間はまだまだ弱い。不確定な情報に惑わされ、それが真実だと思ってしまったり、他の世界が見えなくなってしまう時があります。

そんなときはこの、それぞれの現実という話を思い出して、囚われることのない、新たな目で世界を見れたらいいと思います。



最新記事

すべて表示

やっぱり、まずは自分から

朝夕のお祈りの際に、自分以外の人類の感謝をこの地球や日本の土地に伝えているのですが、心の底からそう思えるようになるまでに些か時間がかかりました。 それは本当の意味で自分が満たされていないと、純粋な思いからの他を思う感謝の気持ちには中々なれないからだと思うのです。まずは自分自身の闇を愛で満たしてからじゃないと他を思う純粋な思いというのは育ってこないのだと思いました。それは自分自身が持っている、嫉妬や

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com