top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日のセミナーで、それぞれの現実という話を伺いました。

今回のコロナウイルスにおいて、それぞれがそれぞれの現実を見ているというものです。


例えば、コロナウイルスは危険、死に値する、というコロナウイルスに感染することに恐怖を覚える現実。

またご商売をしている方などは、経済的な危機、会社の存続、ウイルスから派生する問題の方が遥かに大きく致命的だと捉え、それらに恐怖や不安を覚える現実。

これはどちらが正しく、どちらが間違っているという問題ではないというものです。

どちらにもそれぞれの現実がある。というだけのことです。


ちなみに私は後者の方で、日本は経済的な危機を迎え、鬼が出るぞ!蛇がでるぞ!と、パターンが大騒ぎした経緯があり、今回のそれぞの現実という話を聞いて「ハッ」と目が覚めるような感覚を覚えたのです。


私も含め、人間はまだまだ弱い。不確定な情報に惑わされ、それが真実だと思ってしまったり、他の世界が見えなくなってしまう時があります。

そんなときはこの、それぞれの現実という話を思い出して、囚われることのない、新たな目で世界を見れたらいいと思います。



最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page