top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

私には自分を嫌う沢山のパターンがあります。

●自分はレベルが低い ●皆んなと比べてダメだ ●頭も良くない ●賢くない ●学歴もない

●ミームも低い ●育ちも悪い などなどです。


そしてそれを打ち消すように努力を重ねてきました。

●こんな自分ではダメだ ●こんなネガティブな思いを持ってはいけない ●負けちゃダメだ ●舐められないようにしよう ●認められる自分になろう、などなどの動機でです。しかしそれも黒パターンを打ち消そうとする黒パターンなので、いつもどこかに鬱積や不満を抱えていました。それもそうです、全て自分を否定しているパターンですから。


そして最近取り組んでいるのが、

◯もう自分の全てを認めていこう。というもの。

自分の全てというのは、上記にある全てのパターンに対してです。

自分を否定しているパターン、自分を卑下するパターン、それに打ち勝とうとするパターン、無理にポジティブになろうとするパターン、その全てを否定せずに、認めていこうというものです。


パターンは抗えば抗うほど暴れます。自分の存続をかけて必死に抵抗します。

しかし認めれば認めるほどに、子供のように落ち着いておとなしくなります。

ここが世間で教えられてきたこととは真逆のところです。一般的には、自分に打ち勝つ、常にポジティブシンキング、というのがよしとされてきました。だから、こんな自分を認めて許すなんて・・・中々ピンとこないところです。しかし真理は違いました。


全て許されて、認められて良いものだったのです。

「あなたの中にあるもので何一つダメなものはない」

以前師に言われた言葉、それが全てだったのです。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page