• 渡邊 優

今のそのままの自分を受け止めよう。

これは、自分の持っているそのままのパターンを受け止めることと同じだと思いました。


自分のことをダメだと(パターンが)思っている自分、誰々が嫌いだと(パターンが)思っている自分、不安を(パターンが)抱いている自分、自信がない(とパターンが思っている)自分、自分は弱い(とパターンが思っている)自分、そんなパターンの抱いている自分。


私たちが行っている語りかけというワークは、これはもう、そのままの自分を受け止めることへの道のりなんだと思いました。

少しづつパターンの言い分を聞き、時に泣き、時にショックを受け、愕然とするときもあり、そんな自分だけの道のりを経ながら、自分という全てを理解し、受け止めて行く道のり。


同時にそこで養われていく慈悲や許しや理解という、本当の「私」の持つ資質。

一つ一つがそこに繋がって行き、本当の自立へと向かって行く。


自分への責任を持ちながら、自由と解放へと向かい、この先どんな自分が待っているのか楽しみでもあります。


それが、この自己探究の醍醐味。


受け止めよう。これからもずっと!

最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問