top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日の桜カステラを両親に持って行きました。

母は耳が更に悪くなり、どうにも思い通りにならない自分の体と、なかなか理解されない大変さにイライラしているようでした。


そんな母を見ていて以前の私は、「早く自分の体を受け入れて楽になってもらいたい」そのように思っていました。変わってもらいたいと。

そしてそんな思いで母の話を聞いていると、苦しさもありました。変わってもらいたいけど変わらない母。心の中で「早く受け入れた方が楽になれるよ!」と思いながら話を聞くというのは、受け入れるべきだ。というパターンが働いていたのだと思う。


しかし今回母の話を聞くときに「変わらなくていい、そのままでいい。」これを選び続けて話を聞くと、母の顔から少し笑顔が戻ってきました。

不思議なもので、変わってもらいたいと抵抗すればするほど、相手は頑として受け入れずにいますが、そのままでいいを選び続けると、良い意味での諦めにも似たような微笑みへと変わります。


それはきっと、私たちのパターンにも共通することで、パターンを変えようとせずに、そのままでいいと本心から思えた時、きっとパターン達にも本当の安心感や安らぎが訪れるのかもしれません。

そんな風にも思いました。


受け入れるとは、偉大なことなんだな。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page