• 渡邊 優

先日の桜カステラを両親に持って行きました。

母は耳が更に悪くなり、どうにも思い通りにならない自分の体と、なかなか理解されない大変さにイライラしているようでした。


そんな母を見ていて以前の私は、「早く自分の体を受け入れて楽になってもらいたい」そのように思っていました。変わってもらいたいと。

そしてそんな思いで母の話を聞いていると、苦しさもありました。変わってもらいたいけど変わらない母。心の中で「早く受け入れた方が楽になれるよ!」と思いながら話を聞くというのは、受け入れるべきだ。というパターンが働いていたのだと思う。


しかし今回母の話を聞くときに「変わらなくていい、そのままでいい。」これを選び続けて話を聞くと、母の顔から少し笑顔が戻ってきました。

不思議なもので、変わってもらいたいと抵抗すればするほど、相手は頑として受け入れずにいますが、そのままでいいを選び続けると、良い意味での諦めにも似たような微笑みへと変わります。


それはきっと、私たちのパターンにも共通することで、パターンを変えようとせずに、そのままでいいと本心から思えた時、きっとパターン達にも本当の安心感や安らぎが訪れるのかもしれません。

そんな風にも思いました。


受け入れるとは、偉大なことなんだな。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。