• 渡邊 優

他人から気付かされたパターンで、舐められたくない、というパターンがあります。

他人から軽く見られたり、見下す扱いを受けたり、マウントされた時に発動するパターンです。

そうされた時、パターンは言います。舐められたら負けだ、それは奴隷になるのと一緒だ、それではこの世の中生きていけないと。そして酷く侮辱されたと感じ、強い怒りと腹立たしさと復讐心を抱き、時には償えとさえ言います。それほど、他人から舐められるということが許されないのです。


なぜそうなったのか?を考えた時、きっと他人から舐められたことで酷く傷ついたり、裏切られたと思ったり、悲しい思いをしたことがあったのだと思うんです。

怒りは第二の感情と言われます。怒りの下には悲しみや寂しさが必ずあると。


今はこの子「もう誰にも舐められたくない」というパターンと共にいて癒し、救っていこうと思います。ずっとそこにいていいと。


本当の「私」には癒しの力がある。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、