• 渡邊 優

そう、すごいやつになりたかった。

なんでかって?

だってすごいやつになれたらさ、皆んなから尊敬されて大切にされるじゃん。注目も浴びて羨ましがられるしきっとモテモテだよ。

思い通りの人生、イージーモード。

安心安全、余裕のよっちゃん。

と、ここまでがパターンの言い分。


自らパソコンを打っていても、いいなそれ、と思ってしまうほど強烈な魅力がそこにはある。

「パターンの望む」幸せだな。


しかしここで考えてほしい。

それが本当に幸せか?パターンの望むすごいやつになったらきっと、他人の気持ちが分からないやつになると思うし、生意気で高飛車な嫌なやつにも思える。ムカつくやろーだね。それに挫折した時、自分で自分を支えられなくなるかも。うん、心折れて立ち直れなくなるね。


でもさ、本当にすごいやつってさ、自分のことをすごいだなんて言わないし思ってもいないでしょ。

優しくて腰が低くてさ、リーダーシップがあって強くて人の力になる人じゃない?


そう思うとさ、パターンの望む幸せって一時的で、自分本意ですぐに飽きちゃうよ。

いや、物足りなくなってもっともっとと際限なく望むんだな。欲望だね。


それに引き換え本当にすごいやつってさ、良い顔してるよ。満ち足りた幸せそうな笑顔。

すごいやつになれなくてもさ、そんな笑顔の持ち主にはなりたいね!

ゲット!


最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声