top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

すぐ役立つことは、すぐに役立たなくなる。

この言葉は先日紹介しました国語の橋本武先生の口癖でした。(著:伊藤氏貴 奇跡の教室より)


確かにそうだな〜と思うのです。

すぐに役立つことは、大概にして近視眼的なことだと思います。

経験的にも、近視眼的に選んだ物事は上手くいかない、いったとしても短命で終わる。


橋本先生は早さや結果を求めるのではなく、自分が疑問に思った世界を深めていって欲しいと言います。そして将来目の前に立ちはだかる壁に対して、「壁を階段にしていく人生」そんな人生を歩んでいって欲しいとも言ってます。


長い時間をかけて学ぶことの大切さ、喜び、尊さを伝える橋本先生の姿勢が伝わります。


そして今思うのは、この自己探究、魂の学びにおいても全く同じことが言えるのではないかと思うのです。結果を求めると結果は出ず。結果にこだわらないと自然と前に進む。

急ぐことではなく、自分という人間を時間をかけてしっかり理解することで生まれる包容力や寛容さ、そういったことが大切であることのように思うのです。


すぐ役立つことは、すぐに役立たなくなる。

肝に銘じて、長い視点で物事を見れるようにしていきたいと思うのでした。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page