top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「こうあるべき」

自分に厳しい人ほど、このように思う傾向が強い気がします。

強くあるべき、優しくあるべき、可愛くあるべき、格好よくあるべき、男ならこうあるべき、女性ならこうあるべき、理解すべき、受け入れるべき、などなど、そんな沢山のこうあるべき。

しかしそうなれなかった時、悶々としたり、鬱積を感じて、ストレスにもなります。

また他者にも自分と同じように求めたりもします。


勿論このパターンは私にもあります。

しかし最近思うのが、そうなれない自分を許していくことが、成長なのかもしれないと思いました。


きっとこうあるべきというのは、社会や誰かからの受け売りで、自分の個性と合っていないものに無理矢理なろうとしているのかもしれません。

そうすると当然の如く、自分の本来の流れと逆らうことになるので、苦しくもなります。


そうなれない自分を許していくこと、すると不思議と柔軟性が生まれて、その方の持つ個性へと自然に流れるのではないかと思いました。


もう、こうあるべきから降りてもいいのかもしれない。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page