• 渡邊 優

「こうあるべき」

自分に厳しい人ほど、このように思う傾向が強い気がします。

強くあるべき、優しくあるべき、可愛くあるべき、格好よくあるべき、男ならこうあるべき、女性ならこうあるべき、理解すべき、受け入れるべき、などなど、そんな沢山のこうあるべき。

しかしそうなれなかった時、悶々としたり、鬱積を感じて、ストレスにもなります。

また他者にも自分と同じように求めたりもします。


勿論このパターンは私にもあります。

しかし最近思うのが、そうなれない自分を許していくことが、成長なのかもしれないと思いました。


きっとこうあるべきというのは、社会や誰かからの受け売りで、自分の個性と合っていないものに無理矢理なろうとしているのかもしれません。

そうすると当然の如く、自分の本来の流れと逆らうことになるので、苦しくもなります。


そうなれない自分を許していくこと、すると不思議と柔軟性が生まれて、その方の持つ個性へと自然に流れるのではないかと思いました。


もう、こうあるべきから降りてもいいのかもしれない。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側