top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

こうあるべきと自分に課すと、なんとも言えない苦しみを感じます。

正しい人間、聖人君主、清く正しく美しく、というパターンが望むこうあるべき。現実として、そうなれない自分に憤りを感じますね。またこうあるべきと決めつけた瞬間から、自分の中の人間臭いドロドロした部分を否定することに繋がり、それと同時に自らを苦しめるのだと思いました。


人間って、色んな部分があっていいのだと思います。

妬みや嫉妬、僻みや他人との比較、憎しみ、怒り、自惚れ、傲り、弱さ、狡さ、などなど。

大事なことは、そんな自分を自覚し、受け入れることだと思います。すると不思議とそれらは暴れなくなるんです。嫌なものだと決めつけて蓋をしたり、嫌悪すればするほどネガティブなそれらは暴れ出します。まるで否定されたことに怒っているように、無視されたことに腹を立てているように自分の存在をアピールし、暴れ、私に知らせるんです。ふざけんな〜!と。そうして初めて降参するしかなくなり、自分のそれを認め、受け入れるのでした。


そうして初めて目が覚める思いをします。

自分は、本当はどうありたいのかと。

そう考えると苦しみとは、私に何かを気づかせるためのサインの一つです。


どんなパターンも否定することなく私の管理下に置いてあげる。

そうやって私の元で自由にさせてあげればいいのだと思いました。


もう枠にはめなくていい。




最新記事

すべて表示

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

Comments


bottom of page