• 渡邊 優

こうあるべき、こうでなければいけない、そう進むことが成長だと思っていました。

そして、そうあれた時は安心し、そうなれなかった時は自分にダメ出しをして自分を苦しめる。後悔をして自分を責めるというもの。

自分に何かを課して、自分自身をジャッジしていたのです。


しかし、先日のセミナーで学んだことは、今のそのままの自分を受け入れ許すというもの。

現状の自分、現実の自分とゆうべきものを受け入れ、許す。それは諦めに近いものだと学びました。

自分に対してこうあるべきと課していると、他人にもそれを求めがちになるし、自他をも思い通りにしようとする。


これから選んでいくのは、今のそのままの自分を受け入れられるようになろう。

それは、未熟な自分であり、理想を求めるパターンであり、そんなドロドロしたいくつものパターンであります。

きっと、そこからが本当のスタートであり、成長の始まりなのだと思いました。


一歩一歩ですね。

最新記事

すべて表示

川の流れに身を任せ・・

黒パターンの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の反対の白パターン「思い通りじゃなくてもいい」 この白パターンを選びきれている時は、何か良いあんばいの流れの中に自分がいる気がします。 逆に「思い通りじゃなきゃ嫌だ」の黒パターンでいる時はその流れに逆らい、抵抗感や苦しさやストレスを感じます。 そうか、この流れに逆らわずに受け入れる生き方「思い通りじゃなくてもいい」という流れに身を任せる生き方もあるんだなと実感

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com