• 渡邊 優

こうあるべき、こうでなければいけない、そう進むことが成長だと思っていました。

そして、そうあれた時は安心し、そうなれなかった時は自分にダメ出しをして自分を苦しめる。後悔をして自分を責めるというもの。

自分に何かを課して、自分自身をジャッジしていたのです。


しかし、先日のセミナーで学んだことは、今のそのままの自分を受け入れ許すというもの。

現状の自分、現実の自分とゆうべきものを受け入れ、許す。それは諦めに近いものだと学びました。

自分に対してこうあるべきと課していると、他人にもそれを求めがちになるし、自他をも思い通りにしようとする。


これから選んでいくのは、今のそのままの自分を受け入れられるようになろう。

それは、未熟な自分であり、理想を求めるパターンであり、そんなドロドロしたいくつものパターンであります。

きっと、そこからが本当のスタートであり、成長の始まりなのだと思いました。


一歩一歩ですね。

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com