• 渡邊 優

最近ずーっとお金へのパターンをケアしています。

それは、●もう貧乏には絶対になりたくない、という黒パターン。

このパターンは私が子供の頃からずーっと持って来たパターンです。


人生を生きていると、多かれ少なかれお金に対しての不安を感じたことは誰しもあると思います。

私の場合は幼い頃に経験した貧困によって(そうパターンが思っている)生まれたパターンです。

このパターンの持つ不安や恐れ、その思いに沿って、突き動かされるように今まで仕事やビジネスをして来ました。無意識にです。

結果、どれだけ稼いでも心の平安は訪れずに、もっともっとと欲求だけが先行して、心身ともに疲弊した経緯があります。安心とは真逆の世界でした。


今、その大きなパターンと改めて対峙して、どれほどこのパターンが自分にとって大きかったかを実感しています。


そのパターンの伝えたいことはこうです。

なぜならば、散々惨めで辛い思いをしたし、孤独で寂しい思いもしたし、お金の不幸を沢山経験した。だから、もう、貧乏には絶対になりたくないと、パターンは強く強く思っています。


この貧乏に対しての憎悪にも似た恐怖や不安という感情。これらをしっかりとケアして、新たな時代、新たな領域へと進んでいきたい。この重さから離れて、軽やかに人生を歩んで行きたいと心底思います。


そのためにも、今しかないチャンス!ものにするぞ!



最新記事

すべて表示

あらゆる執着が!

今、自分の語りかけを見てみるとあらゆる執着が転がっている。 お金への執着、異性への執着、趣味、物質、プライド、など。 これを持っているから安心できる、人より上だと思える、幸せだと思える、満足できる、優越感を感じられる。それらは他との比較や評価であり、またそれがないと生きて行けないとさえ思ってしまうほどのもの。 これらは全てパターンが思っていることですが、特にお金と異性への執着は強く、今思い返すとこ

どんな時でも真摯に。

今日から少しづつ「一人でも生きていける自分になろう」を選んでいます。 選んでいる感覚としては、体の奥の方から湧き上がる気力と生命力を感じます。また同時に、怒りが込み上げてきました。それは、今まで自分を大事にしてこなかったことに対する怒りです。ここでの大事にするとは、もっと、自分の正直な気持ち、思いを言っていいということです。それをせずに他人に合わせたり、パターンが傷つかないようにするために自分を明

初めての衝動

自分を引き上げたい。何が何でも、何としてでも、引き上げたい。心底そう思いました。自分が上がれば誰からも危害がなく、嫌な事もなく、不快にもならず、良い事尽くめだから。という事ではない、腹の底から湧き上がる衝動として、自分を引き上げていきたい。そう思ったのです。 それは、自分を大事にすること、自分を信じること、自分を認めること、自分を許すこと、自分を愛すること、そのように自分を扱って行くことは、自分に

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com