• 渡邊 優

日本人のルーツ。

はるか太古の我々人類の祖先であるホモサピエンスは、約20万年前にアフリカで誕生したと言われています。なぜアフリカで誕生したのかはまだはっきりと解明されていませんが、アフリカで誕生したということ自体は、現代の放射性年代測定法でかなり正確にわかってきているようです。


この放射性年代測定法ですが、自然界(空気中)にある炭素14(放射性物質)を人間や動物が取り込み、化石となった骨の炭素14の残存量を調べ、炭素14という放射性物質の半減期が5730年という特性を使い、何十万年前の化石かと特定する測定法とのことで、かなり正確に恐竜などもわかるとのことです。


そしてアフリカで誕生したホモサピエンスの一部のグループは移動を始め、アラビア半島に向かい、そこから二手に別れてインドから東南アジアに渡っていったグループと、もう一つはヨーロッパに渡って行ったグループに分かれました。


東南アジアに渡ったグループはやがて北へとどんどん進み、当時、中国大陸と日本は地続きでしたから、そこから日本に入ってくる人たちがいました。あるいはさらに北に進んで、シベリアやアラスカに渡った人たちもいたようです。

つまり、人類は全てアフリカで生まれ、そこから中東に行き、さらに二つのルートに分かれて世界中に広がっていったということになります。


更には、私たちの先祖が中近東あたりでネアンデルタール人と暮らしていたことがわかっています。その証拠の一つに、私たち日本人のDNAには、ホモサピエンスの他に、ネアンデルタール人のDNAが入っていることです。また、アフリカ人にはネアンデルタール人のDNAは入っていません。

そのことからも、私たちの先祖はアフリカから出発し、長い年月を経て、アイヌ、朝鮮、中国、琉球と、様々な人種の混血から成り立っているのです。


こうして見たときに、肌の色の違いや、生まれた場所だけで人を判断するのは、早計なことだと考えさせられました。

私たち人類の元は同じで、もっともっと助け合って生きていかなければいけない、そう痛感させられる内容でした。


科学の発展により、人類について色々なことがわかってきており、とてもわかりやすい良い内容で興味深かったです。





最新記事

すべて表示

あらゆる執着が!

今、自分の語りかけを見てみるとあらゆる執着が転がっている。 お金への執着、異性への執着、趣味、物質、プライド、など。 これを持っているから安心できる、人より上だと思える、幸せだと思える、満足できる、優越感を感じられる。それらは他との比較や評価であり、またそれがないと生きて行けないとさえ思ってしまうほどのもの。 これらは全てパターンが思っていることですが、特にお金と異性への執着は強く、今思い返すとこ

どんな時でも真摯に。

今日から少しづつ「一人でも生きていける自分になろう」を選んでいます。 選んでいる感覚としては、体の奥の方から湧き上がる気力と生命力を感じます。また同時に、怒りが込み上げてきました。それは、今まで自分を大事にしてこなかったことに対する怒りです。ここでの大事にするとは、もっと、自分の正直な気持ち、思いを言っていいということです。それをせずに他人に合わせたり、パターンが傷つかないようにするために自分を明

初めての衝動

自分を引き上げたい。何が何でも、何としてでも、引き上げたい。心底そう思いました。自分が上がれば誰からも危害がなく、嫌な事もなく、不快にもならず、良い事尽くめだから。という事ではない、腹の底から湧き上がる衝動として、自分を引き上げていきたい。そう思ったのです。 それは、自分を大事にすること、自分を信じること、自分を認めること、自分を許すこと、自分を愛すること、そのように自分を扱って行くことは、自分に

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com