• 渡邊 優

日本人のルーツ。

はるか太古の我々人類の祖先であるホモサピエンスは、約20万年前にアフリカで誕生したと言われています。なぜアフリカで誕生したのかはまだはっきりと解明されていませんが、アフリカで誕生したということ自体は、現代の放射性年代測定法でかなり正確にわかってきているようです。


この放射性年代測定法ですが、自然界(空気中)にある炭素14(放射性物質)を人間や動物が取り込み、化石となった骨の炭素14の残存量を調べ、炭素14という放射性物質の半減期が5730年という特性を使い、何十万年前の化石かと特定する測定法とのことで、かなり正確に恐竜などもわかるとのことです。


そしてアフリカで誕生したホモサピエンスの一部のグループは移動を始め、アラビア半島に向かい、そこから二手に別れてインドから東南アジアに渡っていったグループと、もう一つはヨーロッパに渡って行ったグループに分かれました。


東南アジアに渡ったグループはやがて北へとどんどん進み、当時、中国大陸と日本は地続きでしたから、そこから日本に入ってくる人たちがいました。あるいはさらに北に進んで、シベリアやアラスカに渡った人たちもいたようです。

つまり、人類は全てアフリカで生まれ、そこから中東に行き、さらに二つのルートに分かれて世界中に広がっていったということになります。


更には、私たちの先祖が中近東あたりでネアンデルタール人と暮らしていたことがわかっています。その証拠の一つに、私たち日本人のDNAには、ホモサピエンスの他に、ネアンデルタール人のDNAが入っていることです。また、アフリカ人にはネアンデルタール人のDNAは入っていません。

そのことからも、私たちの先祖はアフリカから出発し、長い年月を経て、アイヌ、朝鮮、中国、琉球と、様々な人種の混血から成り立っているのです。


こうして見たときに、肌の色の違いや、生まれた場所だけで人を判断するのは、早計なことだと考えさせられました。

私たち人類の元は同じで、もっともっと助け合って生きていかなければいけない、そう痛感させられる内容でした。


科学の発展により、人類について色々なことがわかってきており、とてもわかりやすい良い内容で興味深かったです。





最新記事

すべて表示

仕事です。

突然ですが、仕事が決まりました。 今日からです。内容は、介護施設を紹介する営業職の業務委託です。営業先は主に病院のようです。業務委託なので時間はフリー。やった分だけの成果報酬です。ですが、介護関係は全くの未経験であり、さっぱり内容がわからないので、数ヶ月間、上席の方に同行して仕事を覚えます。 茅ヶ崎に越してきたのが2013年の秋。約8年間と、随分と長い間仕事をしていない期間がありました。途中、兄の

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的