• 渡邊 優

おじさん!オジサン!

まさか自分が呼ばれているとは思いにもよりませんでした。


随分と暑くなってきたので久しぶりにビアガーデンに行ったのです。

その時若い女性の方から「オジサン!オジサン!」と連呼され??え??俺??と相手の顔を見ても全く知らない人・・・よく見るとグデングデンに泥酔してる・・・「オジサンの顔見たら気持ち悪くなってきた!」と唐突に言われ、なんと失礼な!と思った瞬間「オエッ、オエッ、オボボボ、ドバーー」っと盛大に吐き散らかしたのです。


うわ、やっば、なんなんだ?絡んできてゲロとは・・

しかも店員さんに何故か自分が謝っている。

ゲロの友人も飛んできて謝っている。


ゲロまみれの女性はその友人と共にトイレにいきました。

そしてしばらくしたらご主人が迎えにきて、謝罪と一緒に私に水とウコンをくれたのです。

なんと優しいご主人なんだ!


そんな自分がオジサンだということを、しみじみ実感した出来事でした。

まあ世間から見たらもう十分オジサンなんですけどね〜

そしてオジサンという役回りはなんとも損な役回りなのだろうと、これまた実感したのです。


世のオジサンに、乾杯!!

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで