• 渡邊 優

久しぶりに、私をガン無視している方に会いました。

相変わらずお互い一言の会話も挨拶もないのですが、今回の自分の中での変化は全く違った。

今まであれほど心の中では顔色を伺っていたのにも関わらず、今回は全く顔色を伺うこともなく、一緒にいると常にあった緊張感も、相手から感じる威圧感も、そういった感覚も一切湧いてこなかったのです。そこにはただ一人の男性がそこにいて、誰かと会話をしている。ただそれだけ。

これは、本当に不思議な体験でした。


顔色を伺うということは、もしかしたらパターンは(無視されたくなかった)優しい声を掛けて貰いたかったのか、許されたかったのか、そのどちらもあったのだと思います。

しかし今回はそういった期待も、希望もなく、ただただその場に居合わせているだけ。それだけの感覚がありました。

私としては、いつその方と会ってもいいように白黒ワークで、もう何々さんの顔色を伺って自分を苦しめるのはやめよう。ただこの白パターンを選んでいただけ。たったそれだけなんです。

この変化に一番ビックリしたのは当の本人、私でした。その場に居合わせた人たちの誰にも分からない自分の内だけの変化。大事にしていきたい。



最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的