• 渡邊 優

久しぶりに、私をガン無視している方に会いました。

相変わらずお互い一言の会話も挨拶もないのですが、今回の自分の中での変化は全く違った。

今まであれほど心の中では顔色を伺っていたのにも関わらず、今回は全く顔色を伺うこともなく、一緒にいると常にあった緊張感も、相手から感じる威圧感も、そういった感覚も一切湧いてこなかったのです。そこにはただ一人の男性がそこにいて、誰かと会話をしている。ただそれだけ。

これは、本当に不思議な体験でした。


顔色を伺うということは、もしかしたらパターンは(無視されたくなかった)優しい声を掛けて貰いたかったのか、許されたかったのか、そのどちらもあったのだと思います。

しかし今回はそういった期待も、希望もなく、ただただその場に居合わせているだけ。それだけの感覚がありました。

私としては、いつその方と会ってもいいように白黒ワークで、もう何々さんの顔色を伺って自分を苦しめるのはやめよう。ただこの白パターンを選んでいただけ。たったそれだけなんです。

この変化に一番ビックリしたのは当の本人、私でした。その場に居合わせた人たちの誰にも分からない自分の内だけの変化。大事にしていきたい。



最新記事

すべて表示

他人との比較

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。 そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。 今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと

節目

先日は成人式で、私の姪っ子もついに新成人となりました。 そのお祝いも兼ねて実家に行ってきました。孫の晴れ姿を見て、爺ちゃん婆ちゃんは感慨深かったらしく、その目には涙が浮かんでいました。小さい頃から見ている孫の姿に色々な思いがあったのでしょう。孫へと注がれる確かな愛情を感じました。いいもんだな〜、家族は。 そして両親の話を伺っていると、今年で結婚50年を迎えるとのこと。半世紀です・・・ ふたりの様々

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com