top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

あれもやりながらこれもやりたい、これを持ちながらあれも持ちたい、パターンって非常に欲張りです。今まで得てきたもの、やってきたものを手放すのが怖かったり、勿体なかったりと、執着を感じます。そこをパターンに負けずに自分を管理していくのも大事なことだと思いました。


今まで慣れ親しんできたものを手放すのは勇気が必要です。パターンが好きだと思うものは尚更かもしれません。ですが、物理的にも精神的にも、自分が持てるものは決まっている気がします。新たなものを求めるなら、何かを手放していかなければなりません。そういったこともこれからは自分で判断し、勇気を持って手放していこうと思いました。正直ここはまだやり慣れていることではないので後ろ髪を引かれることは多々あると思います。でもそうやって自分自身を管理し、整えていくことは、パターンを統率していくように思いました。しかも強制的にです。


あれもこれも欲張らずに、しっかりと整えていこうと思いました。

それも、前に進みたいという純粋な気持ちに従っていこう。それが、私の求めているものなら。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page