top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先週の日曜日は暑い中にも関わらず、講座にご足労頂きありがとうございました。

何よりも無事に講座が開催できてよかったです。

3名での開催でしたがそれがまた良く、それぞれの方の考え方や思い、経験、体験、そして今の現状を踏まえ、色々思うこともあったと思います。心について、感情について、そしてそことの向き合い方。


短い時間では中々語り尽くせませんでしたが、どうか、少しでも皆様の何かしらの力になれれば良いと思っています。


今後も少しづつですが、このような講座を開催していく予定です。

その際はまた是非いらしてください。


先日は本当にありがとうございました。

暑い日が続きますが、お身体にはどうぞご自愛ください。


最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


bottom of page