• 渡邊 優

「絶対に一人になりたくない」という黒パターン。

この私の黒パターンは、離婚した時、20代の時に彼女にフラれた時、そして今年彼女と喧嘩をした際に大きく騒ぎました。

当時はフラれたショック、離婚したショックだと思っていましたが、私のこの「絶対に一人になりたくない」という黒パターンは、これはもしかしたら遠い遠い昔から、前世の時から持ってきている黒パターンかもしれないと思いました。


なぜそう思ったかというと、この黒パターンが発動すると、とてつもない絶望感に襲われるからです。その絶望感は言葉を絶するほどの絶望感で、周りが全く見えなくなり、全てがどうでもよくなって、

一人になるくらいなら死んだ方がマシだとさえ黒パターンは言います。

また白黒ワークを行なった際、黒の部屋に入った時に「絶対にここから動かないぞ」という強い決意をこの黒パターンからは感じました。だからそれほどのことがきっと遠い過去のどこかにあったのだと思ったのです。


私は初めて、必ずこのパターンを救済しなければと思いました。

自分が苦しいからではなく、このパターンのために私がやらなければ、そう思ったのです。


今は少しづつ「もしかしたらもう、絶対に一人になりたくないと決めつけて自分を苦しめなくてもいいのかもしれない」を選んでいます。

少しづつですが、細胞の一つ一つが解き放されていく気ががしています。

随分と長い間助けることができませんでしたが、少しづつですが、救済への扉が開いている感じがします。


助けよう、自分のパターンを。

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ