• 渡邊 優

「絶対に一人になりたくない」という黒パターン。

この私の黒パターンは、離婚した時、20代の時に彼女にフラれた時、そして今年彼女と喧嘩をした際に大きく騒ぎました。

当時はフラれたショック、離婚したショックだと思っていましたが、私のこの「絶対に一人になりたくない」という黒パターンは、これはもしかしたら遠い遠い昔から、前世の時から持ってきている黒パターンかもしれないと思いました。


なぜそう思ったかというと、この黒パターンが発動すると、とてつもない絶望感に襲われるからです。その絶望感は言葉を絶するほどの絶望感で、周りが全く見えなくなり、全てがどうでもよくなって、

一人になるくらいなら死んだ方がマシだとさえ黒パターンは言います。

また白黒ワークを行なった際、黒の部屋に入った時に「絶対にここから動かないぞ」という強い決意をこの黒パターンからは感じました。だからそれほどのことがきっと遠い過去のどこかにあったのだと思ったのです。


私は初めて、必ずこのパターンを救済しなければと思いました。

自分が苦しいからではなく、このパターンのために私がやらなければ、そう思ったのです。


今は少しづつ「もしかしたらもう、絶対に一人になりたくないと決めつけて自分を苦しめなくてもいいのかもしれない」を選んでいます。

少しづつですが、細胞の一つ一つが解き放されていく気ががしています。

随分と長い間助けることができませんでしたが、少しづつですが、救済への扉が開いている感じがします。


助けよう、自分のパターンを。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価