top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日も丁寧に語っていく、パターン達へ。

今年は辰年、そう龍の年です。龍の年とは霊性や精神性を重んじる年のようです。だからか怒涛のように降ってくる自分の課題、その一つ一つをこの機会にしっかりと取り組んで、自分の殻を破っていきたい。そのためにはやっぱり行動なのだと思いました。パターンの思いは不安や恐れですが、その不安や恐れの中に飛び込んでやってみる、揉まれてみる、その体験からしか本当の強さは身につかないのだと思いました。


そう、誰だって怖い、他人の評価も、ジャッジも、辛辣な言葉も、厳しいコメントも、自分の弱さも、ダメさも、他人に見られたり、どう思われるのかが怖いんです。自分の体験のないことなら尚更で、チャレンジする勇気に加えて、打たれ強さや回復力、胆力、そういったものも必要になってくるかもしれません。いや、飛び込むことによって鍛えられるのだと思います。


私の課題は様々ですが、ドンドン発言する、突っ込む、切り込む、そういったことも今年の課題として組み入れました。語るだけでもダメで、その先の自分を育てるという所に注力しようと思います。


「強くなる」を課題にして。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Σχόλια


bottom of page