top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

『舐められたくない』

ひょんな時に私のこのパターンは顔を出します。


車で割り込みされた時に「チッ」

クラクションを鳴らされた時にも「チッ」

サーフィンしているときに、ルールを破られた時にも「チッ」(相手は謝っていても)

そんな時にいつも思うのが、なんて心が狭いんだ俺は・・・


大したことでもないことで、馬鹿にされた、軽く扱われた、見下された、マウントされた、舐められたと思うんですね。パターンはそうだと決めつけているんです。チクショウ!って。


パターンって本当に不思議で、冷静になるとなんであんなことで?と思うことでも、その時は反応的に「チッ」となって「カッ」っとくるのです。

決めつけから降りる、というのは全てのパターンに共通することだと思いますが、パターンで決めつけている時、それ以外の選択肢は思い浮かばず、今まで通りの反応が出てしまう。


しかし『もうそうだと決めつけるのはやめよう』

こちらを心に留めると、スーッっと心に風が通って解放感を感じます。


今日は一日これを感じて過ごしてみます。

「チッ」「チッ」「チッ」からもう降りよう。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page